インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラントは最適です。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。どうしても外見や噛み心地を求められるなら、何といってもインプラントです。治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は他の歯科治療と比べても高額です。ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのがどうしても高額になってしまう原因です。安くできるケースで十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくという手段もあります。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがインプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によってだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントではしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがメンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。数々のインプラント治療の問題点について、いろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという話があったのではないでしょうか。しかし、それは正しくありません。MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属ですが、磁気には反応しません。MRI検査への影響はありません。