コンパクトデジカメ「FUJIFILM FinePix S8200」について

コンパクトデジカメ「FUJIFILM FinePix S8200」について

画素数1620万画素、ズームはなんと40倍、35mmカメラに換算すると標準広角24mmから超望遠960mmまで。
コンパクトデジカメと言いながら、かなり強力です。超望遠が有ると、野生動物などを取りたいときに力を発揮します。
ただ、ねらいを定めるのが難しいので、三脚があった方が便利です。台のようなものの上に置いて固定する方法もありますが。
ISO感度は100から12800まで、100は一般的に売られているフィルムの感度と同じで、12800は超高感度と言うことになります。
わずかな光でも明るく見える感度になります。ただ暗いと色はハッキリしませんが。
たとえば、少し暗い山中で滝から跳ねる水しぶきを、静止させて撮りたいとき高速シャッターにしたいので、感度を上げられれば容易に撮れます。
私にカメラは古いので、800までしか上がりませんのですぐオーバーします。
カメラのシャッターにはバルブと言って、シャッターを抑えたとき解放になり、放すと閉じる機能があるカメラがあります。
デジカメの場合、レンズ交換式の一眼レフにしか付いてないようなので仕方がないのですが、
有ると非常に便利で、打ち上げ花火をとるとき、シャッターを開放にして、レンズの前に軽い布を被せます。
花火が上がる直前に布を取り、間は布を被せます。すると街灯とかは写らず花火のみきれいに映ります。
このカメラでは8秒が最長なので、打ち上げ花火は少し大変です。
最近はそのカメラ固有の、充電電池を使うカメラが多いのですが、これは単3電池4本使用します。
大量に写真を撮ったり、ストロボを頻繁に使う場合は、これもなかなか有利です。
単3は安く、何処でも手に入ります。一方、充電電池は結構高価だし、何処にでも有るわけでは有りません。
これが以外と大事だったりします。全体的にはなかなかいい感じだと思います。